取付方法

「カーテンレール」に取付ける場合

カーテンレールに直接設置する方法です。穴を開けることなく取付けできるので、賃貸の方におすすめです。なお、カーテンレール自体が壁や窓枠等にしっかりと取付けされているかを必ずご確認ください。カーテンレール自体がしっかりと取付けされていない場合、昇降の操作の際の重みや衝撃等で、カーテンレールごと落下したり破損の原因となります。

サイズを確認してください

図①:屋内側に窓枠が飛び出している場合は、窓枠から奥行を計測してください。

●窓枠からカーテンレール中央まで: 3cm以上

図②:カーテンレール取付金具の幅は1.5cmあります。カーテンレールの内寸・カーテンレールの下口部のサイズを確認してください。

●カーテンレールの内寸: 1.7cm以上

●カーテンレールの下口部: 0.4cm~0.7cm以内

※スペースに余裕がある場合でも設置できない場合もございますので十分にご検討ください。

※I型・ポール型など、一部の特殊な形状のカーテンレールはお取付けができません。詳しくは、下記の画像をご確認ください。

※掲載のサイズの決め方は、あくまでサイズ決定の参考となるものです。最終的なサイズ決定はご自身の意志にて行ってください。また、基本的にサイズ違い、取付け不可等の理由での返品・交換は出来ませんのでご注意ください。

01カーテンレールの下準備

カーテンレール自身がしっかりついていることを確認し、カーテンレールのサイドキャップを外します。カーテンレールがきちんと固定されていないと、落下や破損の原因となりますのでご注意ください。

カーテンレールのランナーを全て取り出してください。

02取付金具の下準備

付属の取付金具・カーテンレール用プレート・ネジを用意します。

取付金具にプレートを軽くネジ止めします。この時、ネジ穴の大きさがネジにぴったりでスムーズに通らない時は、プラスドライバーで回しながらネジを通してください。

このように軽く留めて、取付金具とプレートの間に隙間を残しておいてください。

03取付金具の設置

軽く留めた状態のままカーテンレールに差し込みます。

サイドキャップを元に戻します。

ご希望の取付け位置に金具を合わせたら、ネジを強く締めてカーテンレールにしっかりと固定してください。

※ブラインドはコードを引っ張り操作するものですので、負荷が掛かる部分の強度を高めるためにも、指定位置に取付金具を設置してください。指定位置以外に取り付けて破損した場合、保証対象外になります。
詳しくは、『取付けのギモン』をご参照ください→

04ブラインドをはめ込む

取付金具にブラインドをはめ込みます。

上の金具を降ろします。

下の金具の爪部分を、パチンとはめ込みます。

しっかりと留まっているか確認します。

反対側も同様にブラインドをはめ込み、金具を留めます。

05チルトロッド取り付け

左側のチルトギアボックスのフック部分に、チルトロッドを取り付けます。

チルトロッドをきちんとフックに通してください。

05取付け完了

確認 全体のバランスを見て、歪んでないようなら取付け完了です。